2016年09月21日

ワイナート ----- 高評価の2010年と11年は絶対買い! ,,,,, トスカーナ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ

ワイナート(Winart) 第84号
(2016年09月05日発売) の目次


【巻頭特集】
料理とも寄り添う優美な味わい
高評価の2010年と11年は絶対買い!
トスカーナ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ


ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ2010年が世界のガイドブックで
高得点を連発して話題だ。たしかにこの年は偉大な古典的ヴィンテージだが、
重要なことは2010がブルネッロの新しい時代の象徴であるということだ。
ほかの産地が何百年もかけて登ってきた高品質の階段を50年足らずで
一気に駆け上がった若い産地モンタルチーノ。
多くの試行錯誤を繰り返してきたが、いまついに成熟期に入ろうとしている。


ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ その真価を問う
ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ産地マップ

《ワイナリー取材》
カナリッキオ・ディ・ソプラ/テヌータ・レ・ポタツィーネ/イル・マッロネート/
レ・ラニャイエ/レ・キウーゼ/ラ・マンネッラ/カプリーリ/カサノヴァ・ディ・ネーリ/
マストロヤンニ/チャッチ・ピッコロミン・ダラゴナ/ヴァルディカヴァ/バンフィ

ブルネッロを背負う 若き生産者たちの証言

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ取材ワイン試飲46


【現地取材】
イタリア北部 スパークリング紀行
〈フランチャコルタ〉サン・クリストーフォロ/〈トレント〉ロータリ/
〈プロセッコ〉ミオネット

プロセッコの名門
アストリア社が繰り広げる、多彩なスタイルへの挑戦

食事に、アペリティフに! 陽気に楽しくランブルスコを


【現地特別レポート1】
復活を遂げた聖書の国のワイン
イスラエルワインの今


【現地特別レポート2】
神は甘美に、人は歓喜に酔いしれる
ギリシャワインに4000年の歴史あり


【ワインガイド】
キャンティ&キャンティ・クラシコ 50本テイスティング

サンジョヴェーゼ主体なのは同じ。
産地が近いながらもスタイルはまったく異なるのが
キャンティDOCGとキャンティ・クラシコDOCG。
さて、どう使い分けるべきか?
テイスターのコメントにヒントあり!

来日生産者インタビュー
セミナー&試飲会テイスティング

ほか
posted by wine at 16:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

プロから学ぶワインと料理 ,,,,, ペアリングの法則

ワイナート(Winart)
第81号 (2015年12月04日発売) の目次


【巻頭特集】
プロから学ぶワインと料理
ペアリングの法則


ふたつの異なる存在がまるでひとつのように
調和することをフランスでは「マリアージュ(結婚)」と表現する。
まるで人と人とが出会うように、ワインと料理が出会い、
互いのよさを引き立て合い、高め合って、おいしさや魅力を増す。
そんな理想的な「マリアージュ」「ペアリング」を探ってみよう。

ワインの数だけ広がる
マリアージュの可能性

インタビューから解き明かす
ソムリエ、シェフのペアリング術

ジェラール・マルジョン × ベージュ アラン・デュカス 東京/
ジェラール・バッセ × ホテル テラヴィーナ/森覚 × コラージュ/
永瀬喜洋 × イルーチ リストランテ/戸川基成 × 鮨からく/
笹森通彰 × オステリア エノテカ ダ・サスィーノ/紺野真 × オルガン

コラム 京都「木乃婦」高橋拓児が唱える
日本料理とワイン、ペアリングの原理

プロから学ぶ
お手軽おつまみとワインの相性

採点表付き ワインライター座談会
ワイン品種別、ベストマッチおつまみを探せ!

チーズ×ワイン、プロフェッショナル対談

ひと皿の構築から探る ペアリング術

【特集2】
世界遺産登録への軌跡
シャンパーニュ

オーヴィレ、ヴァンサン・ブリアール/アイ、ガティノワ/
マルイユ・シュール・アイ、フィリポナ

妥協なき造りへの追求
シャンパーニュ グラン・メゾン
ルイ・ロデレール/G.H.マム/ペリエ ジュエ/ローラン・ペリエ/
シャンパーニュ・バロン・ド・ロスチャイルド/デュヴァル=ルロワ

【特集3】
ローヌ品種の進化系 in カリフォルニア

レイミー・ワイン・セラーズ/コパン・ワインズ/ストルプマン・ヴィンヤーズ/
ラヴァンチュール・ワイナリー/クライン・セラーズ/ホープ・ファミリー・ワインズ/
ピーチ―・キャニオン・ワイナリー/マイナー・ファミリー・ワインズ/
ヴィンヤード・オブ・パステリック

名称も新たに さらなる前進を
日本ワインコンクール2015

ティアノ&ナレノ
愛好家の情熱が生み出した孤高のアルゼンチンワイン

<ワイナート ワイン ガイド>

ワイナート ワインガイド
イタリア ドルチェット50本テイスティング
座談会&ベスト5ワイン発表!
インタビュー
セミナー&試飲会テイスティング

posted by wine at 16:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月22日

ワイン産地マップ ----- 今、世界のワイン地図が大きな変化を見せている。,,,,, 躍進目覚ましい中国をはじめとするアジアの国々や、,,,

ワイナート(Winart) 第79号 (2015年06月05日発売) の目次

【特集】
世界は動いている!
ワイン産地マップ

今、世界のワイン地図が大きな変化を見せている。
躍進目覚ましい中国をはじめとするアジアの国々や、
古くからの歴史をもち、その秘めたる実力に関心の集まっている東欧、バルカン諸国......。
変わりゆく世界のワイン事情を、各国のワイン地図から探ってみる。

変わりゆく世界のワイン地図

ヨーロッパ編
フランス(ボルドー&ブルゴーニュ、シャンパーニュ、ロワール、アルザス、ジュラ・サヴォワ、ローヌ、南西地方、南フランス)/イタリア(北部、中部、南部)/スペイン/ドイツ/オーストリア/ポルトガル/スイス/ハンガリー/ジョージア/バルカン半島/イギリス

新世界編
アメリカ(カリフォルニア、ワシントン・オレゴン、ニューヨーク)/カナダ/ニュージーランド/オーストラリア/南アフリカ/チリ/アルゼンチン/中国/日本

コラム
注目は東欧・中東・アジア
ワイン産地は広がり続ける

特別現地レポート
収穫の出来は上々、価格の折り合いはいかに?
ボルドープリムール 2014

カリフォルニア発
生産者それぞれのバランスを目指す
IPOBワインのエレガンス

クリュッグの伝統
アッサンブラージュの奥義に迫る

理想的な空間を完成させる、
人、料理、サービス、そしてセラー
OHARA ET CIE × EUROCAVE

レポート
ミラノ万博も開催中!
イタリアワインの最前線を知るヴィニタリー2015

<ワインガイド> 
ワイナート ワインガイド
インタビュー
セミナー&試飲会テイスティング

posted by wine at 14:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする